デキル男

デキル男は、持ち物や着るものが違います。例えば、服はブランドでシックな色と飽きのこないデザインで、いつも清潔です。ニオイも加齢臭はなくて、さわやか。また、持ち物も違います。ブランドの時計をしながらも決して派手さはない、財布は長財布で高級品、お金は適度に入っていて、ブラックカードのクレジットカードを持っている。車は、外車ではなく、高級な日本車。しっかりと磨かれている。どんなことがあっても物怖じせずに冷静に対応でき、仕事はテキパキとこなし、上司や部下からの信頼も厚い。デキル男は、女性から見てかっこいいが、男性から見ても憧れの存在。ただこういうデキル男は滅多にいません。たいていは、どこかずっこけてしまっているので、ここまで完璧な人はたぶんひとにぎりでしょう。こういう男性はたぶん、デキル男になりたい人の理想像と言えるでしょう。手が届く存在ではなくても、目指すべき存在ということです。デキル男になるのは、難しいですね。
マネパカードのメリットとデメリット、損せずに使い倒すには?

Written by