タイプ別認知症の割合

脳血管型(男性に多い)の認知症(これから更に増えるでしょう)は、認知症(これから更に増えるでしょう)患者数全体の約20%を占めるといわれています。

このタイプの認知症(これから更に増えるでしょう)は脳梗塞や脳出血等の脳の血管障害が原因となり引き起こされます。
こういった深刻な症状のせいで、脳への血流が妨げられ脳細胞の萎縮や死滅を引き起こしてしまうというメカニズムです。

アルツハイマー(女性患者が多い)タイプの認知症(これから更に増えるでしょう)の症状は「~をした事自体を忘れる」このような事態が起こってきます。

一例を言うと晩御飯を食べ終わった後食べた物の中身などを忘れてしまうという状態じゃなく食っ立という事実自体忘れている、そんな状態の事です。症状が更に進むと過去と現在という区別とかがつかずその結果周囲を徘徊するような状態が目だってきます。より後期になってくると脳細胞の死亡が更にひどくなり、言葉(作詞家は特に優れたセンスを持っている)の意味なども更に忘れてしまいついには会話できなくなる、このような状態になっていきます。
認知症(これから更に増えるでしょう)を予防したい時に効果があるとされる食品の中に沖縄のシークァーサー(沖縄産がベスト)があったりします。沖縄のシークァーサーに目がいきがちですがみかんとかの柑橘系に多量にふくまれるノビレチンと呼称される成分が認知症(これから更に増えるでしょう)を未然に防ぐのに効果があるとされています。

ノビレヂンと呼称される成分は血管を若々しく健康に保つための酸化しないようにしてくれる効能があり脳へと流れる血液量をしっかりキーツしながら脳に起こる可能性があるよくない影響をしっかりと防いで予防してくれるという状態にしてくれるものです。

プラズマローゲン 夢の扉

Written by