その生理痛、子宮内膜症かも

初潮から生理痛は徐々に強くなっていったのですが、鎮痛剤を飲んでなんとか学校に通っていました。しかし高校生くらいから保健室で休ませてもらうことが多くなり、2年生の冬、あまりの痛みで動けなくなることがあって病院を受診しました。

この時の診断結果は、どうも子宮内膜症らしいということでした。子宮内膜症は血液検査でCA125の数値で診断します。特別高いわけでもないが、低くもないので薬物療法が行われました。明らかに数値が高かったり、生理痛がかなり酷い人は他にホルモン療法や手術などがあるようです。子宮筋腫妊娠

私も受診をためらっていたら、もっと症状が悪化して、最悪手術なんてことになったかもしれません。それを考えると、婦人科を受診するのは結構勇気がいりますが早めに対処するのが得策だと思います。

幸い3ヶ月の薬物治療で生理痛は軽減され、出血量も少なくなってきたので治療を終了することができました。それから1年ほどはさほど生理痛は気にならなかったのですが、20代半ば頃からまた痛みが強くなってきました。それでも鎮痛剤でなんとかなっているので病院には行っていません。

ただ学生の頃とは違って、仕事を休めないのでかなり厳しい時はあります。波があるとはいえ、毎月毎月憂鬱で、仕事や家事に集中できないのが辛いですね。貧血気味でもあるので、生理中は特に顔色が悪くなるので職場の人からも心配されています。もしもこれ以上日常生活に支障が出るなら、また婦人科に行こうとは思っています。

Written by