クラウドソーシングによって月5万円を稼ぎ続ける方法

最近話題となっているクラウドソーシング。
某刑事ドラマでもその名前を聞きました。
しかし、クラウドソーシングについて知らない人も多いのではないでしょうか。
今回はクラウドソーシングで稼ぐ方法について詳しく書いていきます。

クラウドソーシングは、お仕事を任せたい人とお仕事を受けたい人をマッチングするサービスとなります。
「このキーワードで誰かに記事を書いてほしいんだけど…書いてくれる人いないかなぁ…。」そういった人がクライアントとして、クラウドソーシングに仕事を登録します。
次に、「記事を書いて儲けたいなぁ…。」という人が、クラウドソーシングをみて仕事を受注します。
これによって、仕事をしてほしい人と仕事を受けたい人がマッチングされるのです

その中でも特に設けることができると言われているのが「ブログライティング」。簡単に言えば記事の執筆作業です。
記事を執筆し、クライアントに記事を提出することによって、その記事のぶんだけ稼ぐことができます。

記事を書けば書くだけ稼ぐことができるので、主婦の方を始め、今では多くの人がクラウドソーシングで記事の執筆作業を行っています。
中には、お昼は仕事をしながら、夜はクラウドソーシングで仕事を受け、お金を稼ぐ…なんて人もいるようです。

クラウドソーシングで稼げるのか?とよく聞かれるのですが…実際、稼げます。
毎月5万程度であれば、すぐに稼ぎ続けるようになるでしょう。
また、専業でやるとすれば、毎月20万円を稼ぎ続けることも可能です。
専業Webライターのなかには、月に50万円稼いでいる人だっているのです。

では、月に5万円を稼ぎ続けるにはどうすればいいのでしょうか。
普通に安い単価で記事を書き続けても、月に五万を稼ぐことは少し難しいと言えます。
月に五万を目指すということであれば、おそらく副業でしょう。
副業となると、時間が限られてきます。その時間内で五万円を稼ぐのであれば、記事を書くスピードを上げるか、記事の単価を上げるしかありません。

そこで重要となってくるのが「いかに記事の単価を上げてもらうか」ということです。
記事の単価を上げるためには、記事の質を上げなければいけません。
そのためには、ブログライティングの基礎をしっかり学び、さらには訴求力の高い記事の執筆、SEOを考えた記事の作成…
様々な知識が必要となってきます。

しかし、逆に言えばそれらを知ることで記事の単価が上がることにつながるのです。
他のライターさんが知らないことを知り、その知識を使って記事を書く…。
そうするだけで、クライアントさんにとってあなたの記事は、ほかの人とは違う特別なものとなるでしょう。
そうなると、クライアントさんはあなたを逃がさないようにします。
「記事の単価をあげるから、もうちょっと記事を書いてくれ」と。

そうなったら占めたもの。1文字1円、2円…と上がっていき、月に5万円稼ぐことも不可能ではないでしょう。
ただ、一人のクライアントさんからそこまでの単価の上昇は見込めません。もしも払ってくれるのであれば、よっぽどあなたの記事で儲けているのでしょう。

実績を作ったら、記事の単価が高い仕事を受けてみましょう。
クラウドソーシングであれば、いくらでも仕事は見つかります。
なかなかいい案件はないかもしれませんが、あるにはあります。
根気強く探してみましょう。

今回の記事は、こちらのブログを参考にしました。
参考:在宅ワークで生計を立てる方法-月給20万円を達成するまで-
在宅ワークで稼ぐに当たり、必要なマインドセットやブログライティング術、生計を立てるためのクライアントとの付き合い方なども記述されています。
月20万という具体的な目標をもとに、ストーリに沿って書かれています。是非一度読んでみてください!

Written by