紫外線をカットして飛蚊症対策!

お肌に紫外線を浴びないようにカットするグッズや日焼け止めが増えていますが、紫外線はなぜ飛蚊症や人体によくないのでしょう。

光の波長によって、紫外線にもいろいろあります。昔から地上に降り注いでいた紫外線と、かつては地上には到達していなかった紫外線があります。紫外線の他に、目の病気に有害だとされる紫外線があり紫外線は肌を守るためにカットした方が良いとさかんに言われている紫外線になります。

飛蚊症などで身体的に悪影響がある紫外線は、昔は、多くの場合はまず受けることがなかったと言われているようです。近年問題になっているのは、オゾン層が破壊され、オゾンホールが増加してきているという事実です。深刻な環境問題として、オゾンホールの存在を気にかけているという人は多いようです。紫外線がカットされずに地面にまで来るようになったのは、オゾン層の減少が関係しています。体によくない影響があるという紫外線に長時間さらされると、体によくない効果があります。目の病気に有害な紫外線には生物の遺伝子やDNAを破壊する力があるそうです。

壊れたDNAが少なければ体は元どおりの状態にまで戻りますが、破壊された量が多いと壊れたまま再生産されるようになります。飛蚊症や白内障、皮膚がん、免疫力の低下などは紫外線が要因の1つに数えられています。目の病気に悪い紫外線を浴びないように、できるだけカットした方がいいでしょう。

目の病気スッキリ解消

Written by user160