顎の発達について

現代の子は乳歯の時点でキレイに歯が並んでいる子が多いです。親御さんにとっては「歯並びもキレイでうちの子可愛い!」と思われてる方もいます。

しかし、昔の子供はすきっ歯の子が多くいました。なぜ、昔と現代の子とで歯並びが違うのでしょうか?昔の子は硬いものを自分の前歯で噛みちぎって、奥歯でしっかり噛んでいた為、顎の発達がしっかりしていた為です。

その為、乳歯の時はすきっ歯ではあるが永久歯に生え変わったときにはキッチリキレイな歯並びになります。現代の子は親が親切に細かく切ったり、肉もひき肉を使ったハンバーグを出したり小さくカットした物を出す傾向にあるため 噛む力が弱くなり顎の発達も悪い子が多いです。

顎が小さく、小顔と言う点では良いかもしれませんが歯並びを見るとガタガタの子が多く見られます。顎は進化して小さくなっても、歯の大きさは親からの遺伝で大きいままなんです。結果的に小さな顎に大きな歯が並ぶことができず、歯並びがガタガタになってしまいます。

歯科医は小さいときから前歯を使い、硬いものををしっかり噛みなさいと言われます。親の親切心が仇となり、矯正を希望される親御さんが多いのが現状です。中学生くらいまでは顎の発達も期待できるので、しっかり噛まないといけない食事をお子さんに食べさせてあげてください。

参考サイト:【はははのは】は効果なし!?口コミや評判を徹底調査

Written by