しみやしわとホルモンの関係

女性ホルモンのバランスによって、しみやしわが目立つようになるということもあるようです。女性ホルモンは卵巣でつくられ、女性の心や体に深く影響します。

女性ホルモンと呼ばれている成分には、プロゲステロンと、エストロゲンとがあり、このうちしみやしわ対策に効果があるホルモンは、エストロゲンです。しみやしわの増加、肌乾燥の悪化など、肌トラブルの理由の多くに、女性ホルモンは関係づけられています。女性ホルモンの働きによって、肝斑と呼ばれるしみができることがあります。妊娠したり、生理のサイクルが狂った場合にでることがあるしみで、左右対称になるという特徴があります。もしも、基礎体温をつけたみたところ、低体温期と、高体温期の境が曖昧な場合は、ホルモンの働きに要注意です。ホルモンバランスの乱れでできたしみや肌トラブルは、ホルモンのバランスが整えば回復します。肌の状態が、ホルモンの作用でトラブルを起こしやすくなっている場合、紫外線の影響も受けやすいので、紫外線ケアも必要になります。大豆でつくられた食品は、ホルモンの乱れを解消すると言われています。大豆イソフラボンという大豆から補給できる栄養素は、女性ホルモンのエストロゲンと似ているといいます。ホルモンのバランスを整えることで、しわや、しみの目立たないお肌になりましょう。
アンサージュ 口コミ

Written by user367