残したくないにきび跡のクレーター

にきびケアが適切でないと、にきびが治った後もクレーター状のくぼみが残ることがあります。皮膚にクレーターのようなにきび痕が残るのは、にきびが化膿したり、赤く腫れてしまった場合です。ひとたび、肌にクレーター状のにきび痕ができると、きれいな肌に戻すまでにかなりの手間がかかるものです。

まず大切なのは洗顔をしっかり行なって、にきびの元になる毛穴のつまりをきちんと取り除くことです。にきびができにくい肌になるためには、肌のコンディションを整えておくことが重要です。もしもにきびがあった場所がクレーター状のにきび痕になったら、永遠にそのままなのかと不安になる人もいます。ですが、きちんとしたスキンケアを施していれば、だんだんとにきび痕を目立たなくすることができます。毎日のお手入れをしっかり行っていれば、日数は費やすことにはなりますが、肌の状態を改善することができるでしょう。クレーターのようなにきび痕ができてしまっても、新しい皮膚細胞の生成を促すことで、クレーターのくぼみを解消できます。にきび跡があるお肌はダメージを受けている状態なので、まず大切なのは保湿です。しっとりとした潤いのある肌ほど、肌の細胞を新しくつくる機能が高まりますので、傷んだ皮膚と、新しい皮膚を交替させる機能のが速やかに行われます。新陳代謝が促進されることで、クレーターのようだった皮膚のへこみも、元の状態に戻しやすくなります。
アレルナイトプラス 効果

Written by user367