ご存じの方も多いと思われるウェブサイトからの「一括見積もり」ですが

公共の大切さを日本人はもっと自覚したい もうーつ触れておきたいのは、日本人の個人の意識、民度のことです。日本のように利用できる土地が限られ、そこに道路を通そうとすると、どうしても私有地を避けて通ることができなくなります。公益か私益かという問題は非常に複雑、微妙ですが、道路建設のように公益性の高い場合は、ある程度の個人の権利の制約はやむを得ないように思います。
例えば、多数の利便性のために必要な施設を造ろうとして莫大な税金を投入しながらも、数人の個人の権利を尊要るあまり実現しなかったり、数十年という月日が経過したりということが多すぎるように思います。
個人の権利は小さいとは思いませんし、赤帽 引っ越しそれが基本であることは十分に承知していますが、行きすぎた権利を主張する日本人が目につくように育ました。そのことが足かせになり、多数の幸福が阻害されているように見えるのです。
 欧州ではどうかと言えば、国によって若干の違いはあるものの、公共性の前に個人の権利が制約されるのは普通のことです。

Written by