学校や会社の年度が変わる2月から「春分の日」ごろにかけては

回船問屋による大型船(千石船)による定期海路輸送である。また、一船仕立ての輸送である。ここからトラック業としての大企業が各地に生まれ、産業化していった一方、経済発展によって荷主企業の大規模化、広域化に合わせて当初、部分的請負を行なうトラック業が作業としては元請型で、自らターミナルなどの施設を保有し、複数の拠点において大量の輸送を行なうようになり中大企業のトラック業が生まれてきた。これを一般に区域トラックと呼ぶ形態としてはディマンド対応型の輸送を行なうものであるが独立した企業としてのものということで産業化したと言える。現在、国内輸送市場における貨物輸送においてはこの区域トラックが最大のものとなっている。もともと、この需要は最大のものであったからそれは当然であり、それはそれなりに成長したと言えようが構造としては中小企業中心の縦形構造を形作っている。構造については後述するいずれにしてもスケジューリング型の輸送業においては寡占化が進んでいるがディマンド型においてはトラック業と内航海運業において中小企業中心の構造となってきている。
 

Written by