睡眠不足の影響

1.単純労働の人は危険
何日かの間夜ほとんど眠らなかった日が続いても、気がめいるくらい睡眠不足の影響が出やすくなります。
運転手が意識が遠のくことほど良くない事は他にはありません。
大変健康には良いのですが精神的にストレスは発生させる競技もあります。

バンカーに打ち込んだ瞬間をこれでは絶対に眠れません。
睡眠をとるには酒は大切な役割があります。
実は一般的には誤解されています。
自宅で日本酒やワインをおちょこや小さいグラスで飲み場合でも健やかな眠りに導く効果があります。
処が、大量のお酒は安眠の妨げになってしまいます。
慢性的にアルコールに接している人は睡眠が浅くなる傾向があります。
慢性的なノンベイのなってしまうと昼間でも幻覚を見るようになってしまいます。
安眠にはビタミンBは無くてはならない栄養素で健康を維持するにも絶対に必要です。
勝手にいじくりまわしたりしてその時計を変えようと考えます。
目覚めさせたりすることで、不快な事が判明します。
30度を超える夏の夜はエアコンを点けて寝室を涼しくして眠るようにしましょう。
寝室の温度が高くて耐えられない時はパジャマが汗だくになるくらいで、とても眠れず汗のせいで気持ちが悪くなり眠らないと・・と焦ります。
睡眠薬の副作用

2.乾燥には加湿器
反対に冬場は加湿器が活躍します。
そして電気ストーブで部屋の温度を上げてください。
せめてベッドに入る前には濡れタオルをハンガーで吊り下げるようにしてください。
喘息気味の人や体調の悪い人には欠かせません。
湿った気流は肺や気管支への刺激を減らして咳が出にくくなります。
就寝中に咳が出ると不眠症になります。
我々の神経は食後特に昼食後には多少眠るよう命令されているようです。
昼食後のわずかの安眠が精神的にも気力を充実させます。
そんな訳で、前の晩が不眠の人こそ食後は多少なりとも眠ってください。
イタリアやスペインの人達は昼食後は少し眠ることで体重を減らす事にも効果的なのです。
人間に必要な水門時間は、何時間位なのでしょうか?これを巡っては、実験的な試みがいろいろなされました。
しかし、今日までに決定的な答えはありませんでした。
余りにも個人差があるからです。
しかし、睡眠の平均値の典型的な回答は得られました。
66パーセントの人達が毎晩6時間半から8時間半、睡眠時間がありました。
そして16パーセントの人が、8時間半以上眠っています。
18パーセントの人達が睡眠時間が6時間半未満です。
以上が一般的な人の統計です。

3.カフェイン
カフェインは多くの人の睡眠を妨げる要素の1つです。
気が付かないのが幸運と言いましょうが目が覚めている時期のカフェインの仕事は誰も知らないようです。
5~7歳の子供にブラックコーヒーを何杯も飲ませるような親はいませんがコーラを何杯も飲んでいる子供と親たちが一緒にハイキングをしている様子を見ます。
カフェインはこれらのコーラやジュースにも一杯含まれています。
カフェインは脳を覚醒します。
これはお菓子やココアなんかも同様です。
人が釈迦生活を営むために必要な睡眠時間は諸説あって何が正解なのかわかっていません。
短い時間しか眠らない人は働き者で睡眠時間が長い人は怠惰だと言われますが間違いなく正しくはありません。
唯、データーによると短時間睡眠の人は頭の回転が速い人が目立ちます。
大統領や総理大臣を務める政治家や有名企業の社長さんです。
良く眠る人は、若干個性の強い人で芸術家の人が多いのです。
安眠を妨げている原因の1つは、ベッドでしょう。
大抵は新婚の時寝具を購入すると、そのまま10年20年と使い続ける事が多いのです。
普通はこれだけの時間が有れば3回位引っ越す人もいます。
でも、大抵はつぶれて変形したベッドを使い続けています。
ベッドは長期間使っていると形が変わって普通でない態勢で眠ることになります。
腰や背中に負担がかかると夜よく眠れなくなります。
長年使って変形したベッドは、早速新しいベッドと交換しましょう。
ですが、ベッドは高いので、金銭的に余裕がなければマットレスに薄い板を1枚敷いてください。
そしてその板を古いシーツで包めばマットレスを傷めつける事にはなりません。

Written by