軽いうちになんとかしたい

認知障害(誰もがなる可能性があります)とはいろいろな要因で脳(認知症で言われるのは海馬など)細胞の死滅や

萎縮を引き起こし、脳(認知症で言われるのは海馬など)への命令や伝達がうまくいかないようになり、心や身体に

変調をきたし日常生活が困難な状態になってしまう事を指します。

昔は痴呆症(誰もがなる可能性があります)とも呼ばれていましたが、言葉自体がさす事象に「差別的なニュアンス

が含まれている」との声が大きかったので2004年頃から認知障害(誰もがなる可能性があります)と呼ばれるよ

うになりました。

アルツハイマー(女に多いとされている)と呼称される病は脳(認知症で言われるのは海馬など)の内側にアミロー

ドβと言われているたんぱく質が蓄積してしっかりとした神経が破壊されていき、脳(認知症で言われるのは海馬な

ど)の萎縮を引き起こしてしまうのがその原因だと解明されています。

残念ですがその原因の悪タンパク質がたまっていく原因は現代医学をもってしても明白には究明されておりません。
MCIという言葉がさすものは軽度認知障害と名付けられた認知障害(誰もがなる可能性があります)の1段前の段

階的な症状、状態の事を意味しています。軽度認知障害をふくめた認知障害(誰もがなる可能性があります)を発症

している人の人数は、六十五才より上の人口の2割を優に超える割合にのぼっていると指さやかれています。

軽度認知障害 予防

Written by